TOP > しびれの真実を探る > しびれ…様々な治療方法

しびれ…様々な治療方法

しびれには、一過性症状/慢性的症状があります。一過性のしびれはあまり気にする必要もありませんが、慢性的なしびれとなるとそういう訳にはいきません。
どんな症状でもそうだと思いますが…慢性的症状を放っておくと、そのしびれ自体の原因がわかりづらくなり…結果として、しびれから開放されにくくなるからです。
(もちろん、手遅れになる疾患を発症する場合も考えられます。)
そうならないためにも、私たちたちは「しびれに関する5ヵ条」をはっきりさせる必要があります。

1.しびれている部分はどこか?
2.いつからしびれているのか?
3.どのようなしびれ方をしているのか?
4.どのような姿勢を取るとしびれるのか?
5.どのような随伴症状があるのか?
(随伴症状=しびれを主症状とするならば、しびれに伴ってどのような症状があるのか)]

そして上記の「しびれに関する5ヵ条」を踏まえたうえ、治療院で診断を受ければ専門医も何が原因でどう治療すればいいのか、明確に診断を下すことができると思います。
では、しびれを治療するにはどのような方法があるのでしょうか。
ここでは、「西洋医学=対症療法」と呼ばれる治療方法について触れてみたいと思います。

○薬物療法…薬物療法というと、消炎鎮痛薬を思い出す人も多いと思います。もちろん、しびれに対しても消炎鎮痛薬は有効だと思います。
しかし根底にあるものとして、しびれの原因が何であるか明確にわかってこそ、薬物療法の価値があると思います。

○運動療法…無理のない程度に、しびれる/痛む部分を動かす療法をいいます。運動療法は様々な治療方法と組み合わせることによって、効果が見られる療法でもあります。当然しびれる部分も違うので、しっかり見極めたうえで運動療法をすることが大事です。

○温熱療法…温熱療法の場合、しびれの原因となる患部を温める→血流を促進し、筋肉の緊張をほぐす→しびれを改善することができます。
また温熱療法の場合、温湿布・ホットパック・低出力レーザー治療などがあります。

○牽引療法…牽引療法の場合、椎間板ヘルニアのしびれを改善する療法です。ベッドに横になり、上半身を固定します→そして、重りをつけたバンドを骨盤に装着→骨盤を引っ張る/緩めるといった運動を繰り返し行うことで、椎間板に掛かる圧力を抑えしびれを改善します。
(ちなみに私も椎間板ヘルニアを患い、整形外科で牽引療法をしたことがあるのですが、まったく効果がなく…整体院で治癒した経験がります。もちろん、人それぞれだと思いますが…)
しびれを完治させることは、想像以上に容易ではありません。だからこそ、自分自身で「しびれに関する5ヵ条」を明記し、治療院できちんとした施術を受けることが必要だと感じます。
…しびれが重篤な症状になる前に…