TOP > しびれの真実を探る > 女性に多く見られる~舌痛症~

女性に多く見られる~舌痛症~

ダチョウ倶楽部:上島竜平さんのお家芸といえば「アツアツおでん」…熱い食べ物や飲み物を口にすると、舌がヒリヒリ…しびれて、瞬間的に火傷状態になると思います。もちろん何も身体的に問題がなければ、知らない間に舌のしびれは治まってしまいます(=一過性のしびれ)。
しかし数週間経っても、舌のヒリヒリ感が一向に治まる気配がない場合、何らかの原因によって、舌の疾患に犯されていると考えるべきだと思います。
みなさんは、舌痛症(ぜっつうしょう)という疾患をご存知でしょうか。
「気付かないうちに舌がヒリヒリ・ピリピリしてきて、一向にその症状が治らない。」…これが舌痛症なのです。
舌痛症の症状として、次の事が挙げられます。

・舌のしびれ自体に波があります。
午前中は弱いしびれが続き、夕方~夜にかけて舌のしびれ・痛みが強くなります。
・舌がしびれる場所も、日によって違います。舌の真中・縁…。
・食事や会話など何かに集中している場合、舌のしびれを感じることは少ないようです。
しかしふと気付けば、舌がしびれている状態…。

また舌痛症は、中高年の女性に発症しやすい疾患です(=40~60歳代)。そして舌痛症が発症する原因は、未だにはっきり解明がなされていないのが実情です。
しかし、主な原因はストレスにあるとされています…性格が真面目で几帳面/毎日、健康について意識している/悩むことによる睡眠障害→つまり、何事にも気遣いし過ぎる性格が原因ではないかといわれています。
舌痛症の主な治療法として、薬物治療=抗うつ剤の投与治療が挙げられます。ただし抗うつ剤の場合、副作用があるので専門医としっかり相談をした上、処方しなければなりません。
仮に舌の感覚=ヒリヒリした痛みや灼熱感/しびれるような感覚が数ヵ月続くようであれば、早急に専門医の診断を受ける必要があります。
何故なら舌痛症を発症したことで、更なる重篤な疾患を併発している可能性もあるからです。
例えば、口内炎・口腔カンジダ・ベーチェット病、さらに舌癌まで…
(口腔カンジダ=口腔内に発生するカンジダ菌が異常繁殖して起こる疾患、ベーチェット病=口腔内で皮膚炎・関節炎・血管炎などの慢性的疾患を繰り返し発症する疾患)
舌のしびれを、甘く見てはいけません。
何度もいいますが…「そのうち治る」と思って放置せず、気になるのであれば専門医でしっかり診断を受けてください。