TOP > しびれの真実を探る > 腰痛からくる痺れ~疾患を探る~

腰痛からくる痺れ~疾患を探る~

腰痛からくるしびれを考えた時、やはり頚椎症・坐骨神経痛が挙げられます。「足のしびれ」では、坐骨神経痛について詳しく触れています。ここでは、頚椎症の中でも最も知られている椎間板ヘルニアを取り上げてみます。
腰を痛めたことがある人であれば、次のような経験があるのではないでしょうか…「整形外科で診てもらっても、まったく腰に異常が見当たらないといわれ…しかし、腰のしびれは間違いなく続いている。」…仮にレントゲンで腰の患部がわからなくても、腰にしびれを伴う痛みを感じることがあります。その疾患が、頚椎椎間板ヘルニアです(=初期症状)。
椎間板とは、背骨の骨と骨の間にあるクッションの役割を担っている軟骨をいいます。この軟骨が「加齢・激しい運動・事故」などでズレを起こしたとします(=飛び出す)。
そして、その軟骨は背骨の中を通っている神経を圧迫することで、腰部分に激しいしびれ・痛みを生じるのです。
頚椎椎間板ヘルニアは、老若男女、誰にでも発症する可能性があります。20~30歳代の方であれば、こういう言葉の方がわかりやすいと思います~「ギックリ腰」~。
そして、ギックリ腰は腰椎椎間板ヘルニア予備軍と考えてください。
(ギックリ腰を完治させなければ→慢性化→頚椎椎間板ヘルニアへ…)
また頚椎椎間板ヘルニアは、「加齢・激しい運動・事故」以外にも発症します。
例えばいつも長時間デスクワークで椅子に座りっぱなし→徐々に不自然な座り方へ→頚椎椎間板ヘルニアを発症することもあるのです。
[座り続けることで上半身の重みが腰部に集中→腰部周りの筋肉群が緊張(=硬直)→次第に背骨の椎間板間が狭くなる(=圧迫)→それによって神経圧迫/血流抑制→しびれと痛みを発症し…気付けば、頚椎椎間板ヘルニアを発症してしまうのです。]
つまり私たちは頚椎椎間板ヘルニアを発症しないためにも、普段の生活から腰部に過度の緊張を与えないようにしなければならないのです。
(また腹筋・背筋の筋力が弱くなる/肥満なども、頚椎椎間板ヘルニアを引き起こします。)
このように頚椎椎間板ヘルニアを含む頚椎症を発症した場合、整形外科を選択する患者様もいると思います。
もちろん重篤な症状=手術をしなければならない程の症状であれば、整形外科が適切だと思います。
しかし、腰のしびれ~手足・首のしびれが初期~中期症状であれば、専門医=整体院・カイロプラクティック・整骨院・鍼灸院といった治療院を選択するべきだと思います。何故なら整形外科と違い、治療院には頚椎症スペシャリストの施術者がいるからです(治療院=ミクロ的/整形外科=マクロ的観点の違いがあるため)。
身体のしびれを放っておかないでください。初期症状のしびれをチェックすることが、早期治癒に繋がります。