TOP > しびれの真実を探る > 全身がしびれる

全身がしびれる

一時的に体の一部がしびれることは誰にでもあることです。一時的に神経が刺激されてしまったり、血流が悪くなってしまうことで、しびれの影響は出てきます。しかし、そのしびれがずっと続く、あるいは、全身に広がっていくということがあると、これは大きな疾患などが関わっている可能性があり大きな注意が必要になります。

全身のしびれの原因、背景にあるものを紹介していきます。

全身がしびれてしまう時の、大きな原因としては、脳や脊椎に関する疾患、症状があります。脳の機能が正常に機能しない、あるいは大きなダメージがあると、それによって全身の痺れにつながってしまうことはあります。またしびれだけではなく、機能不全に陥ったりと、かなり重篤な症状になってしまうこともあるので、非常に注意が必要です。
このような状態になってしまった時は、救急車を迅速に手配し、少しでも早く専門医に診てもらう必要があります。

脊椎に関する全身のしびれが軽い症状から、思い症状まで様々になります。しかし全身のしびれということになると、かなり重い症状になってしまっていることもあり、やはり少しでも早い対処が求められることになります。脊椎に関して何かしらの障害(ヘルニアなど)が発生すると、それによって神経が大きく圧迫されることもあります。それによって、しびれが症状として出てくることもあります。このようなしびれを改善していくためには専門的な治療が必要になり、自力でどうにかすることはあまり考えないほうが良いです。

脊椎や背骨に関しての症状でしびれを感じているということは、まだ神経がしっかりと機能している証拠にもなります。これがより進行し、神経を尊重してしまう、脊椎損傷などになってしまうと、しびれなども感じなくなってしまうでしょう。体を自由に動かすこと自体が非常に難しくなってしまいます。

脳が原因であっても、脊椎が原因であっても、全身のしびれは大きな警告となります。適切な対処、治療が求められることは間違いありません。

●心理的なことが影響することも

全身のしびれということで無視できないのが、自律神経によるしびれになります。
自律神経というのは体のバランスを保っていく上で非常に重要な神経であり、この神経のバランスが心理的な原因によって崩れてしまうことも現代では珍しくありません。
それによって、全身のしびれが出てくることもあるので、知っておくと良いでしょう。