TOP > しびれの真実を探る > 腰痛からくる痺れ~疾患を探る~

腰痛からくる痺れ~疾患を探る~

様々な身体の部分に発症するしびれ No Comments

腰痛からくるしびれを考えた時、やはり頚椎症・坐骨神経痛が挙げられます。「足のしびれ」では、坐骨神経痛について詳しく触れています。ここでは、頚椎症の中でも最も知られている椎間板ヘルニアを取り上げてみます。
腰を痛めたことがある人であれば、次のような経験があるのではないでしょうか…「整形外科で診てもらっても、まったく腰に異常が見当たらないといわれ…しかし、腰のしびれは間違いなく続いている。」…仮にレントゲンで腰の患部がわからなくても、腰にしびれを伴う痛みを感じることがあります。その疾患が、頚椎椎間板ヘルニアです(=初期症状)。
椎間板とは、背骨の骨と骨の間にあるクッションの役割を担っている軟骨をいいます。この軟骨が「加齢・激しい運動・事故」などでズレを起こしたとします(=飛び出す)。
そして、その軟骨は背骨の中を通っている神経を圧迫することで、腰部分に激しいしびれ・痛みを生じるのです。
頚椎椎間板ヘルニアは、老若男女、誰にでも発症する可能性があります。20~30歳代の方であれば、こういう言葉の方がわかりやすいと思います~「ギックリ腰」~。
そして、ギックリ腰は腰椎椎間板ヘルニア予備軍と考えてください。
(ギックリ腰を完治させなければ→慢性化→頚椎椎間板ヘルニアへ…)
また頚椎椎間板ヘルニアは、「加齢・激しい運動・事故」以外にも発症します。
例えばいつも長時間デスクワークで椅子に座りっぱなし→徐々に不自然な座り方へ→頚椎椎間板ヘルニアを発症することもあるのです。
[座り続けることで上半身の重みが腰部に集中→腰部周りの筋肉群が緊張(=硬直)→次第に背骨の椎間板間が狭くなる(=圧迫)→それによって神経圧迫/血流抑制→しびれと痛みを発症し…気付けば、頚椎椎間板ヘルニアを発症してしまうのです。]
つまり私たちは頚椎椎間板ヘルニアを発症しないためにも、普段の生活から腰部に過度の緊張を与えないようにしなければならないのです。
(また腹筋・背筋の筋力が弱くなる/肥満なども、頚椎椎間板ヘルニアを引き起こします。)
このように頚椎椎間板ヘルニアを含む頚椎症を発症した場合、整形外科を選択する患者様もいると思います。
もちろん重篤な症状=手術をしなければならない程の症状であれば、整形外科が適切だと思います。
しかし、腰のしびれ~手足・首のしびれが初期~中期症状であれば、専門医=整体院・カイロプラクティック・整骨院・鍼灸院といった治療院を選択するべきだと思います。何故なら整形外科と違い、治療院には頚椎症スペシャリストの施術者がいるからです(治療院=ミクロ的/整形外科=マクロ的観点の違いがあるため)。
身体のしびれを放っておかないでください。初期症状のしびれをチェックすることが、早期治癒に繋がります。

女性に多く見られる~舌痛症~

様々な身体の部分に発症するしびれ No Comments

ダチョウ倶楽部:上島竜平さんのお家芸といえば「アツアツおでん」…熱い食べ物や飲み物を口にすると、舌がヒリヒリ…しびれて、瞬間的に火傷状態になると思います。もちろん何も身体的に問題がなければ、知らない間に舌のしびれは治まってしまいます(=一過性のしびれ)。
しかし数週間経っても、舌のヒリヒリ感が一向に治まる気配がない場合、何らかの原因によって、舌の疾患に犯されていると考えるべきだと思います。
みなさんは、舌痛症(ぜっつうしょう)という疾患をご存知でしょうか。
「気付かないうちに舌がヒリヒリ・ピリピリしてきて、一向にその症状が治らない。」…これが舌痛症なのです。
舌痛症の症状として、次の事が挙げられます。

・舌のしびれ自体に波があります。
午前中は弱いしびれが続き、夕方~夜にかけて舌のしびれ・痛みが強くなります。
・舌がしびれる場所も、日によって違います。舌の真中・縁…。
・食事や会話など何かに集中している場合、舌のしびれを感じることは少ないようです。
しかしふと気付けば、舌がしびれている状態…。

また舌痛症は、中高年の女性に発症しやすい疾患です(=40~60歳代)。そして舌痛症が発症する原因は、未だにはっきり解明がなされていないのが実情です。
しかし、主な原因はストレスにあるとされています…性格が真面目で几帳面/毎日、健康について意識している/悩むことによる睡眠障害→つまり、何事にも気遣いし過ぎる性格が原因ではないかといわれています。
舌痛症の主な治療法として、薬物治療=抗うつ剤の投与治療が挙げられます。ただし抗うつ剤の場合、副作用があるので専門医としっかり相談をした上、処方しなければなりません。
仮に舌の感覚=ヒリヒリした痛みや灼熱感/しびれるような感覚が数ヵ月続くようであれば、早急に専門医の診断を受ける必要があります。
何故なら舌痛症を発症したことで、更なる重篤な疾患を併発している可能性もあるからです。
例えば、口内炎・口腔カンジダ・ベーチェット病、さらに舌癌まで…
(口腔カンジダ=口腔内に発生するカンジダ菌が異常繁殖して起こる疾患、ベーチェット病=口腔内で皮膚炎・関節炎・血管炎などの慢性的疾患を繰り返し発症する疾患)
舌のしびれを、甘く見てはいけません。
何度もいいますが…「そのうち治る」と思って放置せず、気になるのであれば専門医でしっかり診断を受けてください。

顔のしびれ~顔面神経麻痺

様々な身体の部分に発症するしびれ No Comments

しびれの症状は、手や足に限ったわけではありません。時には、顔面に発症する場合もあります。
事実、私の会社の同僚がそうでした。
会社に来て表情を見ると、右顔面がひん曲がって動かなくなっているのです。話を聞くと、朝目覚めたらそうなっていたそうです。この顔のしびれこそ、顔面神経麻痺の症状なのです。
(顔面神経麻痺の最も一般的な症状=Bell麻痺(ベル)といいます。)

○顔面神経麻痺の症状…
突然、発症する疾患です。私たちは、顔の表情によって喜怒哀楽を表現することができます。それほど顔には複雑な神経が、入り組んで走っていることがわかります。
その神経回路が麻痺→口元が下がる・おでこのシワもなくなる・目を閉じることもできなくなる場合も…さらに聴覚過敏・味覚異常などを発症することもあります。
また顔面神経麻痺の症状を、「ワニの涙症候群」と呼ぶこともあります。ワニは捕食する時、涙を流します。顔面神経麻痺患者の場合、唾液腺と涙腺の神経が混乱する=つまり食事をしている時、涙目になってしまう症状をいいます。
しかし何故、何の前触れもなく顔面神経麻痺が発症するのでしょうか。

○顔面神経麻痺の原因…
実は、未だに明確な原因はわかっていません。ただし発症状況として…朝目覚めた時/ストレスが溜まった時/急に冷たい風に当たった時などが多いといわれています。
そして顔面神経麻痺には、「末梢性顔面麻痺」と「中枢性顔面麻痺」に分類することができます。末梢性顔面麻痺は上記に触れた状況=普段の生活環境によって、よく見られることができます。しかし、中枢性顔面麻痺は非常に危険な兆候を示しています。何故なら、脳血管障害による合併症に見られることが多いからです。
(事実、私は脳内出血で倒れた経緯があります。発症して数週間、表情がひん曲がって見るに耐えない表情をしていたそうです。今は以前の表情に戻っています。)
このように未だ不明な点が多い顔面神経麻痺には、どのような治療法があるのでしょうか。

○顔面神経麻痺の治療法…
顔面神経麻痺を発症しても、薬物療法・顔面マッサージなどによって50~80%の確率で完治するといわれています。
自分自身で顔面マッサージをする場合、朝夕の2回、最低でも5分間することをお勧めします。
[両手にベビーパウダーを付ける→その手を顎に押し付け、顔面の上部までゆっくり上に持ち上げる→そのマッサージを何度も繰り返してください。]
(顔面神経麻痺=筋肉が麻痺しているので、下に垂れた状態になります。それを上げることで、麻痺した筋肉を呼び起こします。)
またハーモニカを吹くことも、大切なリハビリの一環になります(顔の筋肉が痩せてしまわないようにするため)。
仮に顔面神経麻痺を発症して顔面マッサージなどをしても、しびれ感が消えないようであれば、必ず専門医に相談するべきです。もしかすると、中枢性顔面神経麻痺の可能性もあるわけですから…

足のしびれ

様々な身体の部分に発症するしびれ No Comments

慢性的な足のしびれを感じる場合、「両足がしびれる場合」と「片足がしびれる場合」があります。(ここでは「両足がしびれる場合」を考えてみたいと思います。)
両足がしびれる場合、中毒疾患・代謝性疾患・栄養障害等々といった全身に及ぶ内科的疾患がほとんどです。
そして内科的疾患の代表的な病状…それが「糖尿病」です。「手のしびれ」でも少し触れましたが、糖尿病の初期症状として、全身の末梢神経にしびれの症状を引き起こします。
[足から左右対称にしびれを感じる→そのしびれは膝全体まで感じ始める→そして、左右に手指から腕全体に広がる…最終的にしびれ+痛み→感覚が鈍ることに…]
また中毒疾患の代表例として、アルコール性末梢神経障害が挙げられます。
アルコール性末梢神経障害は当然のことながら、アルコールの過剰摂取によってしびれの症状を引き起こします。ただしほとんどの場合、アルコールの飲み過ぎによる足のむくれが原因で、一過性の足のしびれの症状を引き起こしているに過ぎない傾向にあります。
そして足のしびれの症状として…「おしりや太腿の裏側のしびれ」「膝の裏側のしびれ」「足先のしびれ」→「しびれから併発する歩行困難・起立困難」を発症する疾患があります。その疾患こそ、坐骨神経痛なのです。
坐骨神経痛は、ある1つの疾患から発症するものではありません。様々な疾患が原因となって、坐骨神経痛という疾患を発症するのです。
(様々な疾患=腰椎椎間板ヘルニア・腰部脊椎間狭窄症など)
坐骨神経痛のしびれの特徴として、おしり→足先へ向かうことが挙げられます。
もともと坐骨神経には、3種類の神経系が走っています~「知覚神経」「運動神経」「自律神経」~そして坐骨神経痛によって3種類の神経系が圧迫され、足のしびれ・痛みを伴うのです。
[知覚神経の圧迫→足のしびれや痛み…運動神経の圧迫→歩行/起立困難といった運動機能障害を引き起こします。]
坐骨神経痛を発症した場合、まず状態の確認をする必要があります。例えば腰を曲げた時、しびれを強く感じる/腰を大きく反った時、しびれを強く感じる/足が地面に着いた時、しびれを強く感じる等々…つまりそれぞれの状態によって、坐骨神経痛を発症した元の疾患が特定できるからです。
(もちろん、しびれも含め症状が深刻な時は、安静を保つことが第一条件なのは言うまでもありません。)
足のしびれは上記に明記した疾患以外に、更年期障害・心身症・過度のストレス等々から症状を引き起こします。足のしびれも手・腕のしびれ同様、様々な疾患と関連しています。
「足のしびれがどうも気になる」…そう感じるのであれば、何はともあれ専門医にきちんと診察をしてもらうことが先決だと思います。

手のしびれ

様々な身体の部分に発症するしびれ No Comments

朝目覚めたら、手や腕がしびれている(=寝ている間、片方の腕がずっと下になっていたため)…このような経験は、誰しも経験があると思います。そして、そのようなしびれはすぐに治まります(=一過性の症状)。当然、その程度の手や腕のしびれならば何も心配する必要もないのですが、厄介なしびれの症状を示している場合もあります。
それが「手や腕の慢性的なしびれ」です。
実際、手や腕のしびれが重篤な症状を引き起こすキーポイントになっていることが多いのです。それ故、慢性的なしびれ=以前からしびれが続いている→治療院などで原因を調べる必要があります。

○神経圧迫…
手や腕には、無数の神経系が走っています。無数の神経系の種類は…橈骨神経(とうこつ)・尺骨神経(しゃっこつ)・正中神経(せいちゅう)・腋窩神経(えきか)・筋皮神経(きんぴ)…。これらの神経系が圧迫されると、様々なしびれを発症するのです。例えば、「しびれからわかる疾患」で触れた「胸郭出口症侯群」「手根管症侯群」が挙げられます。

○脊髄障害…
脊髄の障害によって、手や腕のしびれを発症することもあります。最も代表的な疾患が、頚椎症(=ヘルニア)です。頚椎症は頚椎に負荷が掛かり過ぎることで、手や腕にしびれの症状を引き起こします。また頚椎が変形(=飛び出す)する原因の1つに、加齢・交通事故などが挙げられます。
そして私たちがよく耳にする頚椎症といえば、椎間板ヘルニアではないでしょうか。
椎間板ヘルニアは背中の軟骨が飛び出してしまうことで、神経を圧迫(=刺激)→手ばかりでなく、足にもしびれの症状を引き起こします。
また頚椎症治療の絶対条件として、飛び出してしまった頚椎部分に負荷を掛けないことです。何故なら頚椎を圧迫し続けた場合、身体の一部が不自由になることも考えられるからです。

○糖尿病…
「糖尿病としびれ、一体どんな関連性があるの?」…こう考える人も多いと思います。
糖尿病を発症すると、血糖値が異常に高くなります(正常な人で、80~100mg/dl)。そして糖尿病の症状として、末梢神経(=手足)からしびれを引き起こす場合が多いのです。
しかも糖尿病の場合、しびれだけではありません。末梢神経に痛みも発症し始め…症状が進むと感覚が鈍ることも…。糖尿病を放っておくと末梢神経のしびれに留まらず、顔面麻痺・排泄障害・筋肉萎縮など様々な症状を併発します。
手や腕の慢性的しびれは、疾患の前兆なのです。そうした前兆を見逃してしまうと…絶対に身体の危険信号を無視してはいけません。

しびれ…様々な治療方法

しびれの真実を探る No Comments

しびれには、一過性症状/慢性的症状があります。一過性のしびれはあまり気にする必要もありませんが、慢性的なしびれとなるとそういう訳にはいきません。
どんな症状でもそうだと思いますが…慢性的症状を放っておくと、そのしびれ自体の原因がわかりづらくなり…結果として、しびれから開放されにくくなるからです。
(もちろん、手遅れになる疾患を発症する場合も考えられます。)
そうならないためにも、私たちたちは「しびれに関する5ヵ条」をはっきりさせる必要があります。

1.しびれている部分はどこか?
2.いつからしびれているのか?
3.どのようなしびれ方をしているのか?
4.どのような姿勢を取るとしびれるのか?
5.どのような随伴症状があるのか?
(随伴症状=しびれを主症状とするならば、しびれに伴ってどのような症状があるのか)]

そして上記の「しびれに関する5ヵ条」を踏まえたうえ、治療院で診断を受ければ専門医も何が原因でどう治療すればいいのか、明確に診断を下すことができると思います。
では、しびれを治療するにはどのような方法があるのでしょうか。
ここでは、「西洋医学=対症療法」と呼ばれる治療方法について触れてみたいと思います。

○薬物療法…薬物療法というと、消炎鎮痛薬を思い出す人も多いと思います。もちろん、しびれに対しても消炎鎮痛薬は有効だと思います。
しかし根底にあるものとして、しびれの原因が何であるか明確にわかってこそ、薬物療法の価値があると思います。

○運動療法…無理のない程度に、しびれる/痛む部分を動かす療法をいいます。運動療法は様々な治療方法と組み合わせることによって、効果が見られる療法でもあります。当然しびれる部分も違うので、しっかり見極めたうえで運動療法をすることが大事です。

○温熱療法…温熱療法の場合、しびれの原因となる患部を温める→血流を促進し、筋肉の緊張をほぐす→しびれを改善することができます。
また温熱療法の場合、温湿布・ホットパック・低出力レーザー治療などがあります。

○牽引療法…牽引療法の場合、椎間板ヘルニアのしびれを改善する療法です。ベッドに横になり、上半身を固定します→そして、重りをつけたバンドを骨盤に装着→骨盤を引っ張る/緩めるといった運動を繰り返し行うことで、椎間板に掛かる圧力を抑えしびれを改善します。
(ちなみに私も椎間板ヘルニアを患い、整形外科で牽引療法をしたことがあるのですが、まったく効果がなく…整体院で治癒した経験がります。もちろん、人それぞれだと思いますが…)
しびれを完治させることは、想像以上に容易ではありません。だからこそ、自分自身で「しびれに関する5ヵ条」を明記し、治療院できちんとした施術を受けることが必要だと感じます。
…しびれが重篤な症状になる前に…

しびれからわかる疾患

しびれの真実を探る No Comments

しびれを引き起こす原因には、様々な疾患が起因しています。脳血管障害・脊髄疾患・手足の末梢神経症など…
では実際に、どのような疾患がしびれを発症させているのでしょうか。
ここでは、しびれが発症しやすい疾患について触れてみたいと思います。

○一過性脳虚血発作(いっかせいのうきょけつほっさ)…
コレステロール値が高い人は、動脈硬化予備軍といっても過言ではありません。そうした動脈硬化予備軍の動脈=脳に繋がっている動脈の内腔が、狭くなっています。
もし動脈硬化予備軍の血圧が急激に変動した場合、一時的に脳への血流が悪くなります。脳への血流が悪くなる→末梢神経に血液が行き届かなくなる(末梢神経=手足の運動を司る部分)→発作的に、手足がしびれることがあります。発作自体は、数分~長くても数時間で治まると思いますが…その兆候こそ、見逃してはいけないのです。
何故なら、この症状こそ一過性脳虚血発作だからです。そして言うなれば、一過性脳虚血発作は脳梗塞・脳内出血の予兆なのです(=脳の血管が詰まりかけている・破れかけている)。
しびれがすぐに治まったからといって安心するのではなく、精密検査・MRIを受診し、脳血管障害の予防をするようにしてください。発症してから後悔しても、「後の祭り」です。

○胸郭出口症侯群(きょうかくでぐちしょうこうぐん)…
手・腕に伸びている神経・血管は脊髄から伸びていて、肋骨と鎖骨の間にある隙間を通っています。この隙間=胸郭出口といいます。体型にもよりますが…特になで肩(=肩が下がっている)の場合、胸郭出口が非常に狭くなっています。そのため…その部分を通っている神経・血管が圧迫→手・腕のしびれや痛み(肩凝り)といった症状を引き起こしているのです。その疾患を胸郭出口症侯群といいます。
このような疾患を発症する人はなで肩以外に、美容師・先生・キーパンチャーといった手・腕を頻繁に上下運動させる人に多いようです。
胸郭出口症侯群の治療法として、運動療法・ブロック注射・薬物療法などが挙げられます。しかし重篤な症状になってしまうと、手術せざるを得ない状態になってしまうこともあります。

○手根管症侯群(しゅこんかんしょうこうぐん)…
手に伸びている神経は、3つあります。その神経の1つに正中神経があります。正中神経は手首の関節部分のトンネル筒状の中を通っています(=手根管)。
何らかの原因によって手根管が炎症を起こす→正中神経が圧迫される→手のしびれを引き起こします。この症状を手根管症侯群といいます。
手根管症侯群の特徴として、夜中に手のしびれや痛みを発症することが挙げられます。仮に痛みで目が覚めても、指を曲げる/伸ばすことを繰り返すことで徐々に痛みも治まり…そのまま寝入ってしまうことが多いようです。
また手根管症侯群は中年以降の女性に多く発症し、重篤な症状になれば、親指と小指をくっ付けることができなくなることも…。手根管症侯群の治療法として、ブロック注射・薬物療法・理学療法などが挙げられます。

しびれの症状

しびれの真実を探る No Comments

しびれ…みなさんも一度は経験していると思います。例えば一時的なしびれならば(=長時間歩き続けた結果のしびれ・不自然な姿勢の寝違い・長時間同じ姿勢を保つ等々)、まったく問題ないと思います。
しかし、しびれが慢性的に続くようであれば、何らかの原因を探る必要があると思います。何故なら、しびれは身体の不調を訴えるサインだからです。
実際、しびれを伴う疾患…糖尿病/腎機能障害~炎症性疾患/神経性疾患など、大まかに分類しても100種類以上の病状に関与しているのです。
そうした病状に伴うしびれには、3種類の感じ方があります。
~「運動麻痺」「異常知覚」「感覚麻痺」~この3種類のしびれが、具体的にどのような症状を表すのか考えてみたいと思います。

○運動麻痺…
運動麻痺とは、手足がしびれ動かしにくくなる症状です。この症状に顕著に見られる疾患…それは脳疾患障害です(=脳梗塞・脳内出血)。脳疾患障害を発症した場合、脳から送られる指令が末端神経(=手足)に伝達しにくくなる→手足が、自分自身の意志で動かせなくなる→しびれて力が入らない症状になります。
ここで把握しなければならないこととして、しびれ=感覚的しびれだけでなく、運動機能障害によるしびれもあるということです。


○異常知覚…
「ジンジン・チクチク・ビリビリ・ズキズキ」と蟻が這っているような症状(ときには痛みも伴う)…最も顕著な例…それは正座です。多くの人たちが経験しているのではないでしょうか…正座をし続けて、いざ足を崩して立ち上がろうとした時、足がしびれて思うように動かすことができない…そうした症状を異常知覚といいます。
そして異常知覚はしびれによって、熱さ・冷たさに鈍感になる場合もあります。

○感覚鈍麻(かんかくどんま)…
私たちには、視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚の五感が備わっています。そうした感覚の中で、「熱湯風呂に手を入れても、熱さを感じない(温覚)」「カチンカチンに凍ったコップを持っても、冷たさを感じない(冷覚)」「針が身体に刺さったとしても、痛みを感じない(痛覚)」というように、手足の感覚がしびれて麻痺している状態を感覚鈍麻といいます。
私たちは、決して侮ってはいけません…「たかがしびれ」と…。何故なら慢性的なしびれを放ってくと、必ず身体に不調をきたすからです。
それ故、もし私たちが「運動麻痺」「異常知覚」「感覚麻痺」のいずれかに気付いたならば、すぐに病院などで精密検査を受けるべきなのです。

Hello world!

未分類 No Comments

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !