TOP > 様々な治療法 > しびれの不思議~ハネムーンのしびれ~

しびれの不思議~ハネムーンのしびれ~

しびれのマメ知識 No Comments

結婚願望率が減少したといえ、やはり結婚は憧れの対象だと思います。

そして、無事に結婚式を挙げてハネムーンへ…

ところが一番楽しいハネムーン期間中、急に腕がしびれて動かなくなってしまう疾病があるのをご存知できしたでしょうか。

それを「橈骨(とうこつ)神経麻痺」といいます。
(※別名:ハネムーン麻痺/サタデーナイトパラリシス/ラバーズパラリシス)

しかし何故、腕がハネムーン麻痺と呼ばれるような症状を発症してしまうのでしょうか。

橈骨神経とは、上腕部の骨のすぐ上を走っている神経です。

つまり上腕部の骨と外部の硬い異物によって、橈骨神経が圧迫され腕がしびれ…動かなくなるわけです。
(※新婚さん故、ベッドの中で新郎は新婦の頭を腕枕するため)

ちなみにハネムーン麻痺(=橈骨神経)の具体的なしびれの症状として…
・手首や指を反らすことができなくなる。
・手の平で、パーをすることができない。
・腕全体のだるさも重なることで、物を持ち上げることができない。

またハネムーン麻痺(=橈骨神経)の症状が重篤になれば、完治するのに半年以上掛かることがこともあります。

どちらにしても麻痺を繰り返すようであれば、早急に医師へ相談する必要があります。
(※治療方法…副腎皮質ステロイド薬などを服用)

しびれの兆候を見逃さない!

しびれを改善するために No Comments

「ん?何か身体がしびれている!」
そんなしびれの兆候を、絶対に見逃してはいけません。何故ならしびれの症状によって、重篤な症状を発症する可能性もあるからです。

しびれを感じた時、まず次の5項目を明確にする必要があります。
(1)しびれている身体の部位
(2)いつから、しびれ始めたか
(3)どのようなしびれ方をしているのか
(4)どのような姿勢でしびれるのか
(5)随伴症状(=自分自身にある疾病があって、それがしびれを発症させているかどうか)

この5項目を明確にすることで、どのようなしびれなのかある程度ハッキリさせることができます。

例えば…
○しびれが持続的に発症し続ける…器質的病変
○間欠的(=一定の時間でしびれが発症/治まる症状を繰り返す)…機械的圧迫/虚血/体液性因子異常
○ビリビリ感が続くしびれ…末梢神経の乏血
(※ちなみに末梢神経の乏血→手根管症候群/胸郭出口症候群など)
○ピリピリ感/チクチク感のあるしびれ…中毒/代謝・栄養障害/慢性炎症性疾患

またしびれの場合、病院では次のチェックを行うこともあります。
「内科的しびれなのか、外科的しびれなのか/良性、悪性…どちらのしびれなのか/末梢系、中枢系…どちらのしびれなのか」

病院では、上記のような診断を行いますが…まずは、最初に示した「しびれの5項目」をきちんと医師に報告することが重要です。