TOP > しびれの真実を探る > しびれとパニック障害

しびれとパニック障害

しびれからわかる様々な疾患 No Comments

突然、発症する激しい動悸・ふるえ・息苦しさ・めまい等々の身体の異常。

「私はこのまま死んでしまうのではないか。」といった、異常な不安感に襲われる症状…それが「パニック症候群」といわれるものです。
(パニック症候群は、別名:パニック発作/予期不安/広場恐怖といった言葉で表現されます。)

そしてパニック症候群を発症してしまうと、激しい手足のしびれを感じるようになります。

またパニック症候群は決して珍しい病気ではなく、全人口の2~3%の方が発症していています。
(ちなみに、若い女性に多く見受けられる症状でもあります。)

しかし何故、パニック症候群は手足がガクガク震えるほどの激しい症状を発症してしまうのでしょうか。

何を隠そう、パニック症候群には身体的問題(病気)は何も見当たらないのです。
その証拠にある程度の時間が経過すると、パニック症候群(発作)は治まってしまいます(約30分~1時間)。

実は、パニック症候群は精神的不安定さ・うつ病・過剰なストレス等々が反映しているのです。

例えばパニック症候群を発症した人は、「この激しい発作が、いつまた発症するのだろうか。」といった不安感を覚えます。
その不安感が精神的疲弊をきたし、またパニック症候群を発症してしまうのです。

手足のしびれ等々を引き起こすパニック症候群は、以前としてその治療薬は確立されていません。

多くの方がパニック症候群に苦しまないように、早く治療薬が発見されることを望みます。

しびれと糖尿病

しびれからわかる様々な疾患 No Comments

私たちが糖尿病になってしまうと、身体にさまざまな症状を発症することに気付くことになります。
そしてみなさんは糖尿病の症状の1つに、「しびれ」があるのをご存知でしたでしょうか。

糖尿病としびれ…実は非常に怖い兆候なのです。

では糖尿病によってしびれを発症する場合とは、一体どのような状態の時なのでしょうか。

糖尿病でしびれを発症する場合、血液の状態が悪い…つまり、血管に悪影響を及ぼしている状態だと考えられます。

つまり「糖尿病=血糖値が高い(エネルギーとしてのブドウ糖が増える)」ことを意味するわけですが、
増えすぎることによって、動脈硬化といった血管に悪影響を及ぼす症状が増えるだけでなく、全身の末端神経系にも悪影響を及ぼすことになるのです。

それが、しびれとなって表れてくるのです。
(末端血管に血液が行き渡らなくなる…末端神経系の動きが鈍くなる。)

ちなみに糖尿病予備軍と思っている人でまったくしびれを感じない場合、、もしかすると糖尿病が進行している可能性があるので注意が必要です。

そして当然のことですが、不快なしびれを感じるようであれば、早急に専門医に診察してもらう必要があります。

このようにしびれは、糖尿病の症状の1つでもあることを覚えておいてください。

私たちは、「しびれなんて、誰でもあること。」「しびれは、人によって感覚が違うから大丈夫。」と、安易に考えてはいけないのです。

何故なら、しびれこそ万病の元なのですから…。