TOP > 様々な治療法 > しびれと漢方治療

しびれと漢方治療

しびれのマメ知識 No Comments

ちゃんと文字が書けない/食事中、箸を持つ手が震えてこぼしてしまう/携帯電話のメールが打ちにくくなる…

しびれを伴う生活は、想像以上に質の低下(不便さ)を生じてしまいます。

そしてこうしたしびれの悩みに苦慮している多くの人は、「どうにかならないか」と思いながらも生活を送っているのです。
そうした中、しびれを緩和する療法…特に漢方治療が注目を集めているのです。

漢方(中医学)においてしびれが発症する原因は、2つあると考えられています。

○「風寒湿(ふうかんしつ)」の邪気によって気血の流れが滞った時…つまり、血流障害を意味します。

○高齢になると生じやすい「血虚(けっきょ)」によってしびれを生じる…つまり、血行不良を意味します。

つまり、上記に明記した「風寒湿(血流障害)」「血虚(血行不良)」を改善することが、漢方治療のしびれ抑制に繋がると考えられているのです。

では具体的に、しびれ治療に対してどのような漢方薬が使われているのでしょうか。

もっとも使われているのは、「疎経活血湯(そけいかっけつとう)」「冠元顆粒(かんげんかりゅう)」と呼ばれる活血薬(かっけつやく)です。

一般的に、病気の兆候の現れとされるしびれ…

そうした初期のしびれを多くの人は我慢しながら日常生活を送っていると思いますが、しびれは慢性的になればなるほど改善が難しくなります。

だからこそしびれを発症した時には、早急の対処法として漢方治療を試して頂きたいのです。

日常的に行われるしびれケア

しびれのマメ知識 No Comments

日頃から私たちはしびれや痛みを発症した場合、自分でできる対処法を覚えておくべきだと思います。
何故なら一過性のしびれであれば、対処法をしたことによって緩和することが往々にしてあるからです。

ここに明記することは、オーソドックスなしびれの対処法です。

是非、覚えて頂きたいと思います。

○しびれが急性期の場合、炎症(しびれる)部分を冷やすことが基本です。
何故なら冷やすことによって炎症部分の広がりを抑えるだけでなく、しびれ(痛み)神経の伝わる速度が遅くなるからです(しびれが緩和される)。

○しびれの症状が落ち着き始めた慢性期の場合、炎症部分を冷やすのではなく温めることが基本となります。
何故なら温めることによって血液循環が活性化され、筋肉の硬直が和らぐからです(しびれも和らぎます)。
(ちなみに患部が出血している場合、絶対に温めてはいけません。)

そして日常生活の中でのしびれ対処法としては、基本的にしびれる部分を温めるように心がけます。

例えば温めのお風呂にしびれる部分をゆっくりつける、電子レンジで適温にした蒸しタオルでしびれる部分を巻く…。

このように常日頃からしびれと向き合うことによって、とっさのしびれに対しても慌てることなく対応できるようになります。

そしてそうした気持ちのゆとりが、自然としびれ自体の回数を減らしていくのです。
(ちなみにこうしたしびれの対処法は、身体的病状がない場合に限ります(精神的部分))。

手のしびれに効果的なビタミン

しびれのマメ知識 No Comments

どこも悪くないのに、急に手がしびれてしまう…誰にでも、こうした経験はあるのではないでしょうか。
そして手がしびれる状況に陥った時、あなたならどのように対応しますか。

実は、手のしびれに効果的な成分があるのです。
それは「ビタミンEとビタミンB」です(サプリメント)。

では何故、ビタミンEとビタミンBが手のしびれに効果があるのでしょうか。

ビタミンEとビタミンBは血液/神経系そのものに直接作用するため、手のしびれを発症した時に服用すれば効果があるのです。

もちろんしびれていた手が急に回復するわけではありませんが、ビタミンEとビタミンBが手のしびれ(痛み)を取り除く作用があるのは事実です。

ちなみに「いつ手がしびれるかわからない。」ので、ビタミンEとビタミンBを含むサプリメントを毎日服用し続けることも良いと思います。

しかしできればそうしたサプリメントを服用しないで、手のしびれに備えることも必要だと思います。

例えば、バランスの摂れた食生活を心がける…(規則正しい生活習慣)
といっても現実問題として、栄養成分(バランス)を完璧に補給することは難しいといえます。

どちらにせよサプリメントを服用するにしても、なるべく最小限に留めておくべきだと思います。

最後にサプリメントを補給する場合、ミネラルウォーター(水)を利用するようにしてください。

ミネラルウォーターを利用すれば、身体全体に栄養成分が行き渡らすことができるからです。

しびれと生活習慣の関連

しびれのマメ知識 No Comments

生活習慣が一日悪化したからと言って、異常が出てきてしまうことはないでしょう。しかし、だからこそ、生活習慣の悪化に気付くことは難しくなり、少しずつ体に負担がたまってしまうことになります。

一日の悪化で異常は出てこなくても、それが数年続いてしまえば、身体的な異常が大きく出てきてしまう可能性はあります。蓄積しているからこそ、発症した時の症状は重篤なものになっていることが多く、治療になかなか時間がかかってしまうこともあります。しっかりとした治療は当然必要になりますが、生活習慣に関する症状は予防をすることが一番であると言えるでしょう。

生活習慣の症状の中に、しびれはありますが、しびれというのは実に様々な状況下で起こってくることになります。そのためしびれが出てきたからと言って、どの症状であるのかを特定するのは、しびれの程度だけで判断することは難しいと言えます。

生活習慣で代謝などが下がり、血行不良などが起こってくると、冷えなどからくる手足のしびれを感じることもあるでしょう。
栄養の偏りによるしびれというのも感じることはあります。

また内臓の病気などによるしびれの可能性もあります。

ただ、生活習慣の中の、しびれというのは、程度が軽ければ、改善していくことはできるものであり、食生活の見直し、適度な運動を行っていくことが重要になります。

しびれの感じ方にも個人差があり、敏感な人もいれば、鈍感な人もいることになります。敏感すぎるのも逆にストレスをためてしまうことになるので良くありませんが、鈍感過ぎるのも良くないと言えます。
ちょっとしたしびれ、一時的なしびれというのは問題ないことが多いですが、あきらかに感じることができるしびれ、長期的なしびれというのは何か原因が隠れていることもあるので、一度診察をしてもらうと良いでしょう。

生活習慣という観点で、しびれを見ていく場合、姿勢というのも大きな影響力を持っていると言えます。姿勢が悪い、生活の中で姿勢を崩すことが多い人は、その分しびれを感じるリスクも高くなります。
特に猫背になってしまう人、座位が崩れやすい人の場合には大きな注意が必要になると言えるでしょう。
食生活や運動習慣だけではなく、姿勢というのも大きな関心を払っておく意味のある要素になります。
一番良くないのは、運動をせず、食生活が崩れ、姿勢の悪い状態を長く保持していることです。

 

 

しびれは、食事療法できますか?

しびれのマメ知識 No Comments

しびれに対しての治療療法は、そのしびれがどのような原因で起こっているかによって効果的かそうでないかは変わってきます。
規則正しい食事、バランスの良い食事をしておくことは当然大切になります。
しかし食事が原因でしびれなどが出てきてしまっている場合は、食事療法というのは非常に重要になりますが、骨などが原因になっている場合は、食事療法も大切ですが、運動療法などがより重要になっていくと言えます。

とは言っても、食事は健康の基本になるので、食事を意識し健康的なものにしておくことはすべての症状に対して良い影響を与えてくれることになります。
できれば、常に食事は意識をしておきたいものです。

食事療法が大きな影響を持ってくるしびれの症状として、代表的なものは糖尿病などの、内臓などで異常が起きているしびれになります。
このようなしびれの場合、栄養かが偏りすぎることで、内臓の機能が低下してしまう、あるいは上手く処理できず、体内に余計な物質がたまってしまうことが原因で起こってきます。
当然食事療法だけでなんとかすることはできませんが、食事療法なしでの治療はあまり考えられません。
食生活が崩れていたり、バランスの悪い食生活や、暴飲暴食などが続いてしまうと、神経的な症状というのは出やすくなります。食事による症状はやはり食事による治療が必要になるということです。

どのような食事内容にしていくかは、症状によって違ってきます。多くの場合、塩分や脂の取りすぎてあったり、過剰な栄養補給が影響していると言えるでしょう。
不足しがちな栄養補給を摂取しながら、過剰な栄養補給を抑えていくことになります。
内臓などの機能低下、食生活の悪化によるしびれというのは、食事療法が大きな効果を持ってきますが、食事療法は、自己流で行ってしまうと、低血糖状態など、危険な状態に陥ってしまうことがあるので大きな注意が必要です。
服薬がある人はより大きな注意が必要になるでしょう。

専門家のアドバイスのもと、運動とのバランスを考えながら食事療法は進めていく必要があります。
また数回、行えば改善できるというものでもないと言えます。長期的に習慣的に、食事療法というのは行っていく必要があります。
可能であれば、食事療法が必要になってしまう前に、定期的な運動を行ったり、食事の改善をしていき、症状が出てしまわないように注意をしておきたいところです。
適切に行っていくことで、症状の改善に大きく貢献できる治療方法であると言えます。

 

 

心の病気がしびれを招く?

しびれのマメ知識 No Comments

心と体の関係、結びつきというのは大きな関連性があります。そのため心の症状、状態によって体にしびれを感じるようになることも当然あります。そのような時に、身体的異常がないからと言って、放置をしてしまうと、心の病気になってしまう、あるいは症状が進行してしまうことがあります。
大きな注意が必要になってくると言えるでしょう。
心の病気をしっかりと予防していくことも重要ですが、しびれが心の病気から起こってくることを知っておく、認識しておくことも大切になってきます。

心の病気の根底にあるのは大きなストレスであることが多いです。
このストレスに対して、神経の働きが鈍ってしまう、バランスを崩してしまう、あるいは敏感になりすぎることで、しびれが発生し、日常生活を送っていくことすら厳しく感じられてしまうこともあります。

心の病気による体のしびれというのは比較的理解されにくいことになります。
それはやはりしびれというのが身体的な症状、身体的な異常から見られるものとしてとらえられていることが多いからとなります。
しかし心の病気ということからくる、しびれというのは、意識しにくい症状を、体が知らせてくれているとも言え、しびれを敏感に感知していくことで、自身の体調管理に活かしていくことが可能になります。
身体的な原因がない、急に体がしびれるようになったということがあれば、ストレスや日常生活の中で自分に精神的な負担をかけているものはないかをしっかりと振り返る、生活の改善を図っていくことが必要です。
しびれではなくても、ちょっとしたことで気持ち悪くなるということや、体調の悪化が著しく見られるという場合も、神経的な症状が出てきている場合があります。

神経というのは体調の変化や、ストレスに敏感であると言えます。内臓などにも当然影響を与えていくこともあるので知っておくと良いでしょう。

ただ、身体的な神経的な痛みから、行動が億劫になり、精神に悪影響を与えてしまうことなども可能性としてあります。この場合心の病気の原因が身体的なしびれや痛みであると考えることもできるでしょう。
最近、やる気やモチベーションが上がらないと思ってしまう場合、体のどこかに異常がないか、しびれなどの症状がないのかなどを確認してみるのは大切です。
頭痛や歯の痛みなどの誰にでもあり得る症状で、心の病気のきっかけになってしまうことはあります。

心と神経の症状、しびれは密接に関係していることを知っておけば、原因や症状の把握がしやすくなるでしょう。

 

内蔵ってしびれるの?

しびれのマメ知識 No Comments

しびれというと、運動機関に関してよく見られる症状になります。
運動をすることで、骨や筋肉が神経を圧迫していくことでしびれが起こるとされています。
しかし、しびれというのは目に見えない内臓にも起こりえることになるのです。
むしろ、内臓などは敏感であったりする場合もあるので、内臓のしびれにも大きな注意が必要であると言えるでしょう。

内臓のしびれは時折、腰痛などのように違う症状と勘違いをきたしてしまう可能性があります。そのため内臓に関して、感心、知識を持っておくことは必要です。しびれを感じている段階は、何かしらの異常が内臓に負担をかけている、あるいは危険信号を出している状況になると言えます。しびれを感じている段階で適切な処置、休暇を取ることができれば、何事もなく症状が治まることすらあります。

ただ、内臓は必ずしもしびれなどのように症状を出してくれるわけではありません。
むしろ肝臓などは、ちょっとした異常があっても、全く症状として信号を発信してはくれません。肝臓は非常に重要な臓器であり、そう簡単に機能低下を起こして良い臓器ではありません。そのためちょっとしたことでも症状として出てこないようになっていると言えます。
しかしそれが仇となり大きな症状につながってしまうことすらあります。

内臓の場合、しびれが出てきても、気づけないだけはなく、そもそも異常を発信してくれない内臓もあります。
胃や腸などは比較的敏感に信号を出してくれるのですが、そうでない臓器もあるということです。
腰痛が長く続く、しびれるような感覚がある、背中にしびれるような感覚が長期的に残っているという場合、筋肉や骨ではなく、内臓から来ているしびれである可能性も考えておくと良いでしょう。
比較的、ただの筋肉の痛みと処理してしまうことが多く、放置の状態になってしまうと言えます。

定期的な健診を受けていく、内臓の状態に関心を持てる機会を作っていき、内臓の状態を把握しておくと良いでしょう。

しびれは神経が通っている場所であれば、基本的にはどこにでも起こりえると考えることができます。運動器に関するしびれが日常的に感じやすいというだけになります。

身体的なもの、精神的なもの含めて、全ての、しびれは自身に異常があることを示してくれる、重要なサインにもなるのです。健康管理を意識していく上では欠かすことができません。
しびれを安易に考えすぎず、適切な処置をしてもらう必要があると言えます。

 

 

ストレスでしびれがひどくなる?

しびれのマメ知識 No Comments

しびれというと、身体的な症状に焦点があたることが多いですが、実は、身体的な症状だけではなく、精神的な症状、ストレスなどによってしびれが出てきてしまうこともあります。
人はストレスを蓄積していくと、体が危険信号を発信してくれるようにできています。
この危険信号が、身体的な症状として出てくることが多いのです。
また身体的な危険信号が出てくるというのはとても大切なことであり、自身の症状に気付くために必要なことになります。
身体的な症状が出てこなくなってしまうと、それはそれで大きな問題であると言えるでしょう。

ストレスからくる、身体的な症状、信号としてのしびれは、一見すると身体的な異常があるのではと考えてしまいがちですが、生活の仕方、自身の状態によってはしっかりと精神的な要因を考えておく必要があります。
代表的な症状。疾患としては自律神経失調症というものがあります。
自律神経失調症というのは、自律神経(交感神経と副交感神経)の働きのバランスを取ることができなくなり、それによって精神的に落ち着くことができなくなったり、消化器系に異常をきたしてしまうなどの症状のことを言います。
個人によってどのような症状が出てくるのかは大きく違い、ストレス社会と言われている現代では決して他人事ではないと言えます。

自律神経失調症によるしびれは、神経が上手く機能しなくなることでしびれを感じていくことになります。
体の片方だけしびれてしまうというよりも、両側、全身にしびれを感じることが多く、身体的なしびれ(骨や脳からくる場合片方だけにしびれを感じる場合が多い)とは大きく違う特徴を見せることが多いです。
急に全身がしびれて動きにくくなった、原因不明のしびれが続くと言う場合、自律神経失調症が大きく影響していることもあると知っておくと良いでしょう。
身体的な異常が見られないので、理解されないこともありますが、神経が上手く機能していないという理由がしっかりあるので、自身のしびれについては周囲の人に適切に理解してもらう必要があると言えるでしょう。

また日常的にストレスを解消できるような環境を用意しておく、ストレスに対抗できる手段を用意しておくことも必要になります。
情緒不安定になってきたと感じた時は、思いきって休みを取る、リフレッシュしていくことも必要になると言えるでしょう。
自身のストレスを感じていく時は、自分が一番の理解者になります。
変にストレスに蓋をしてしまうのではなく、しっかり発散できるようにしていくと良いでしょう。

 

加齢とともに、しびれが出やすくなる?

しびれのマメ知識 No Comments

しびれは、年系関係なく出てくる可能性がありますが、高齢化していくと、しびれは出やすくなります。

この原因はいくつかあります。

1つ目は、体をずっと使ってきたことによる影響です。体をずっと使ってくると、正常な姿勢、運動であっても骨を傷つけて、負担をかけていくものです。若いうちであるとすぐに回復することができますが、年齢を重ねていくと、回復力も落ちてきてしまいます。その結果骨の影響や筋肉の影響でしびれなどが出てきてしまうことがあるのです。
多くの人が体験するしびれであり、大きな症状として出てくることはほとんどありませんが、若干の動きづらさにつながってしまうこともあります。

2つ目は、脊柱管狭窄症や、坐骨神経痛、などの症状です。高齢になっていくと運動をすることが少なくなったり、姿勢が崩れてしまいがちです。それによって、体全体の姿勢が悪くなり、それが、神経を圧迫したり、骨の変形、磨耗の原因になってしまいます。
その状態が続いていくと、神経を刺激するようになり、痛みや、しびれが出てくることになるでしょう。高齢者には比較的このような症状を抱えている人は多く、予防運動や対策が重要になります。

そして3つ目が、病気などによるしびれになります。高齢化すると、やはり障害や病気の状態になってしまう可能性が大きくなり、それにともなってしびれなどが出やすくなります。このような状態で、しびれが出てくることは、危険信号の合図であるので、迅速な対処、治療が求められます。
上記の1つ目、2つ目の原因に比べて、しびれから大きな症状になってしまう、症状の大きな進行で症状が出てきてしまっている場合が多く、決して楽観視できない状況であると言えるでしょう。
特に脳の病気からくるしびれの場合、一刻を争う状態になってしまっている場合もあります。少しの油断が取り戻しのつかない状態になってしまうこともあるので、警戒しておいて損はありません。

高齢者であると、様々な身体的なリスクを背負っていくことになります。
それゆえに健康でいられることの価値が非常に大きなものになると言えるでしょう。
高齢者となると感覚が鈍ってきてしまうことで、自身の体の状態に気付けなくなってしまうことがあります。
加齢していくにつれて、身体的な機能は徐々に衰えていく傾向にあることをしり、しびれや痛みに対しての予防の意識を持つことが大切でしょう。
鍛えていくことでの予防も大切ですが、若い時代の体とは明らかな変化を見せていくので、それを受け入れることもまた大切となります。

 

痛みとしびれ、重篤なのはどっち?

しびれのマメ知識 No Comments

痛みと痺れではどちらのほうがより重い症状であるのかということですが、これは症状や、人によって、感じ方が違うため、一概にどちらのほうが重いということは言えないことになります。

一般的には痛みというのは神経が大きく刺激されていることになり、しびれというのは痛みほど刺激はされていないが、神経に何かしらの刺激が加わっていることになります。そのため痛みのほうが症状的には進んでいると判断することもできるでしょう。

ただ、しびれというのは、痛みほど何かができなくなってしまうわけでもなく、何とか体を動かそうと思えば動かせる分、日常的にストレスを感じてしまうこともあるでしょう。
また病院に行くという決断がしにくい症状になってしまっていることもあり、「痛みとして出てくれれば、ふんぎりもつくのに」と考える人もいることになります。

また痛みの症状が緩和していく中で、痛みが軽くなった症状としてしびれを体験することもあるでしょう。この場合もまた、中途半端な症状、状態になっていることで、ストレスがたまってしまうことがあります。

痛みとしびれは非常に密接な関係があるので、何もない状態の時に、しびれで日常生活が困難になる、ストレスを感じるようになってしまった場合には医師に診てもらったほうがメリットは大きいでしょう。痛みを抑えることができるだけではなく、しびれによるストレスからも解消されることになります。

痛みとしびれでは痛みのほうが症状が進行していることになりますが、やっかいさではしびれと痛みは同じくらいであると考えてしまうこともできます。
しびれがどの部位に出ていくかによっても影響力は違ってきますが、基本的にどの部位でも、気になってしまうものです。
痛みの状態を下手に我慢してしまうのは良くありません。またしびれの状態を我慢しておくのも良くないと言えるでしょう。密接な関係を持っていることになりますが、どちらであれば良いということはなく、どちらの場合も専門的な治療は必要になってくるでしょう。

しびれだから大丈夫と考えている人は、そのしびれが痛みに変わる可能性が大きくあることを知っておく必要があります。
また大きなしびれは、痛みと同じように感じられることもあり、痛みとしびれははっきりと区別できないことがあることも知っておくべきでしょう。
そのくらい痛みと、しびれは大きく共通している点、密接している点があることになります。