TOP > 様々な治療法 > しびれと年齢の相関性について
▽スポンサードサーチ

しびれと年齢の相関性について

私の記憶では小学生や中学生といった若者から、「(慢性的に)身体がしびれる」という症状を耳にしたことがありません。そして私も50歳になりますが、慢性的にしびれが続く経験をしたことがありません。
そう考えれば、年齢が原因で「しびれの症状」を発症するということではないような気がします。
でも何故、年齢を重ねた多くの方が「しびれの症状」を訴えているのでしょうか。実は私たちは年齢を重ねることによって、身体に変調をきたすことが増えてきます(=身体も老化しています)。
つまり、ある疾患を発症することで「しびれの症状」を引き起こしている訳です。
[加齢を重ねる→ある疾患を発症する→疾患の症状としてしびれを引き起こす。]
そして最も顕著な疾患を挙げるとすれば、骨粗しょう症だと思います。
骨粗しょう症は新しい骨を形成する力(=成分)が弱くなる=骨密度が低くなることで、ちょっとした動作(=少しだけ力が掛かる)で骨が折れる/潰れるといった症状を引き起こす疾患です。そしてそうした症状が進行していく過程で、身体中にしびれの症状を引き起こしているのです。
さらに骨粗しょう症以外にも、加齢によって様々なしびれを引き起こす疾患が考えられます。
例えば…腰椎椎間板ヘルニア・坐骨神経痛・変形性腰椎症・糖尿病・多発性神経症など…
そうした状況を捉えていくと…年齢(=加齢)が、しびれの症状を引き起こす1つの要因になっているといって間違いないと思います。
[加齢を重ねていくと、しびれ=単なる軽い症状と思うことが、結果として身体に潜んでいた疾患を深刻化させてしまうのです。]
日本人の寿命は女性86.39歳・男性79.64歳と世界一の長寿国です。そして寿命を考えると、アラフォー世代でもまだまだ若いと考える人も多いようです。
しかし寿命がどれほど伸びようとも、確実に身体は加齢を重ねていきます。
私たちは40歳代を迎えると同時に、「最近、何となくしびれを感じる」「しびれがいつまでたっても、とれない」等々と気になっているのであれば、「まだ大丈夫」と思うのでなく、早めに専門医の診察を受けるべきなのです。
診察を受けて何も問題なければ、それだけのハナシで終わるわけですから(=精神的安心感)…くれぐれも、しびれの症状を決して甘く見ないように…