TOP > 様々な治療法 > 何故、妊婦さんになると様々な部分がしびれるの?
▽スポンサードサーチ

何故、妊婦さんになると様々な部分がしびれるの?

妊婦さんになると、「手足がしびれる」という話をよく耳にします。どうして今までしびれの症状がなかった女性が、妊婦さんになることでしびれの症状を起こしてしまうのでしょうか。
そこには、様々な原因が重なっています。

○女性は妊娠すると、女性ホルモン=エストロゲンの分泌を始めます。エストロゲンは出産がスムーズに運ぶように、骨盤周りの靭帯・筋肉を緩める役割を果たしています。
靭帯・筋肉を緩める→出産がスムーズになる…しかし、弊害も引き起こします。骨盤自体が不安定になる→背骨が歪む→坐骨神経痛を発症→しびれの症状を引き起こすことになるのです。
(妊娠中の坐骨神経痛はエストロゲンの作用によるもの→生理的現象によるため、通常は出産が終われば次第に回復します(エストロゲンの分泌も抑えられる)。)

○妊娠さんは出産を控えると、外観に大きな変化が現れます…そうです、お腹が大きく膨れます。もちろん、それはお腹で胎児を育てているからです。妊婦さんは胎児が元気よく育つように、たくさん栄養分を運びます。つまり、身体の血管が少し大きくなるのです。そのため、どうしてもお腹の血管・神経が圧迫され…結果として、足がしびれやすくなるわけです。
(出産が終われば、太くなった血管も細くなり足のしびれも回復します。)

○妊婦さんは妊娠中、就寝していても「手足のしびれで目が覚める」ことがあるそうです。考えてみれば目覚めていても就寝中でも、妊婦さんは絶えず胎児に栄養分を与え続けています。
手足のしびれ…それは妊婦さん自身の栄養不足(=ビタミン不足)が原因となっているのです。もちろん、妊婦さんは胎児の分まで栄養分を摂取しているつもりかもしれませんが…どうしても、ビタミンを始めとする様々な栄養分が不足することに…。
手足のしびれが発症するようであれば、ビタミン剤などを上手に補給…そして、バランスの摂れた食事を心掛ける必要があります。
このように妊婦さんのしびれの症状は、様々な原因が重なっているのです。しかしこれらのしびれの症状は、基本的に出産が終われば解消するものです。
生命で最も神秘的な出来事である出産を無事に迎えるためにも、母子ともに健康に過ごし…バランスの摂れた食事を心掛け…適度な運動をすることによって、なるべくしびれの症状が起こらないように心掛けてほしいものです。